経費削減は本当に必要?経費削減の意味と必要性について

ここ最近、【経費削減】という言葉をよく耳にしますよね。では実際に、経費削減とは何なのか?その意味と必要性についてお伝えしていきます。

経費削減とは?

言葉の意味は読んで字のごとく「経費を削ること」で、類義語として「コスト削減」「コストダウン」「コストカット」「合理化」などが挙げられます。

では、削らなくてはいけない「経費」は何かというと「企業が運営のために利用する費用の総称」です。

例えば、

人件費
広告宣伝費
交通費
光熱費
雑費

など、さまざまな出費が該当します。

業務や管理方法など社内の仕組みを改善する事により、上記に挙げたような経費を削る事を経費削減といいます。

実際に経費削減は必要?

企業の利益向上のために、経費削減は重要な施策の1つといえます。

利益を生み出す方程式は、基本的に「売上-経費=利益」ですから、利益を増やすには「売上を増やす」か「経費を減らす」かのどちらかになります。

売上を増やすためには、「顧客を増やす」か「単価を上げる」かのどちらかに大別されますが、どちらも達成する為には時間を要する事が多いです。

さらに、売上を増やすためにかかる人件費や、設備投資などの経費も増加していく事が考えられます。

それに対し、経費削減は売上をつくる部署だけでなく会社全体で取り組むことができる上、無駄な経費を削減できれば自然に利益を増やす事ができます。

上記のように、売上げを増やすよりも経費を減らした方が、より早く利益向上のための継続的な効果を得られる場合もあり、様々な企業で重要視されています。

最後に

経費削減の取り組みは誤った方法で行うと「社員のモチベーション低下」「パフォーマンスの悪化」「品質の低下」「取引先との関係悪化」など、良くない事態を招き経営の悪化につながる可能性もあります。

「何が無駄で、何が必要なのか」の判断には様々な角度や立場を考慮して、様々な社員の意見を踏まえながら慎重に検討する必要があります。

取扱商材

削減になったところの実例

企業様によってご案内できる内容が異なります。
お気軽にお問い合わせ下さい。